債務整理の賢い選び方ガイド|費用・デメリットで比較

債務整理の賢い選び方まとめ

無料相談をしてみる
経験と実績が充分にある事務所
費用と支払い方法をチェック

 

借金問題で多くの実績を持つ、安心の事務所を紹介しておきます。

弁護士法人サルート
⇒弁護士法人サルートに無料相談してみる

■相談の前に!
※下記のご質問はお受けできません。
  • 個人間の借金
  • 税金の相談
  • 差し押さえの相談
  • 本人以外からの相談
  • 他事務所にご相談中の方

債務整理の種類|賢い選び方ガイド

債務整理は、多くの負債を抱えている人が重い金利負担から解放されるための手続きです。

 

債務整理には、「自己破産」「任意整理」「特定調停」「個人再生」の4つの種類があります。
それぞれの債務整理の特徴を軽く述べていきます。

債務整理の種類の違いについて詳しくはこちら

 

自己破産

現在収入がなく、また、所有している財産もないためにすべての借金を返済することができない状態にある場合、自己破産の申告を行ないます。
自己破産を申告すると、原則としてすべての借金の返済義務が免除されますが、住宅などの資産もすべて処分することになります。

自己破産をもっと詳しく

 

任意整理

弁護士が債務者の代わりに消費者金融と交渉して、借金の減額などを要求するものです。弁護士は利息制限法を用いて債務の再計算を行ないますが、場合によっては過払いということもあり、お金が返済されることがあります。債務返済も、すべてがだいたい3年程度で支払いが終えることができるよう計算します。

任意整理をもっと詳しく

 

個人再生

住宅などの資産を残したまま、大幅に減額された借金を返済していくという方法です。原則、分割した借金額を3年で返済していくことになります。

個人再生をもっと詳しく

 

特定調停

特定調停は、裁判所で調停委員を間に置き、債権者と交渉を行なう方法です。

 

特定調停について

借金などをしている時、その支払が本当にできるのか、という状況になった場合、債権者との間に入って話し合いをする方法です。

 

特定調停と任意整理の違い

任意整理が裁判所を介さないことが特徴であることに比べて、こちらは裁判所を通した方法となります。
また、目的としては、利息なしの分割払いとして変更をしてもらうことを目的とします。

特定調停|債務整理のデメリット

債務整理をする際に比較すべき事とは、デメリットです。

 

どの債務整理を行なうにしても受ける事になるのは、信用情報機関への事故情報の登録です。

 

ペナルティは信用情報機関への事故情報の登録だけと考える方も多いのですが
債務整理の方法によっては、多くの債権者に迷惑を掛けるわけですから
それなりのペナルティが下されます。

 

どこからどのくらい借金をしているのかと言う事によっても
どの債務整理を選択するかと言う事は変わってきます。

 

任意整理を選択する場合、整理する借金は債務者が選択する事が出来ます。

 

金融機関だけでなく、友人や家族からお金を借りている場合
それらの人から借りていたお金は整理の対象にしなければ
任意整理後も返済を続ける事が出来るのです。

 

自己破産の場合は、個人的な理由で整理する借金を選ぶということは出来ません。

 

ですから勤務先からお金を借りている場合でも、大切な人からお金を借りている場合でも
借金返済の帳消しを訴えないといけないのです。

 

ですから、手続きを行なう事で人間関係などが崩れてしまう可能性もあり
そういった事を心配して、自己破産ではなく任意整理にする方なども多いのです。

 

債務整理を行なう事で、どんなデメリットがあるのかという事を知り
比較してから手続きを始める事をオススメします。

特定調停のデメリットについて

借金問題解決を目指せる債務整理には、
任意整理、個人再生、自己破産、特定調停などがあります。
特定調停では裁判官のほかに、調停委員2人以上が間に入り、
話し合いで借金問題の解決を目指します。
利息制限法に基づいて利息を再計算、払い過ぎていた利息があれば返還されます。
合意にいたると確定判決と同様の効果がある調停調書が作成されます。
債権者を選んで調停を申し立てることも可能です。
ギャンブルや浪費が原因の借金でも申し立てることが可能です。
資格制限もなく、官報にも載りません。
申立ててから2ヶ月程度と借金問題解決までもスピーディーです。
印紙代500円と郵便切手500円ほどの費用で申し立てることができます。
任意整理では、将来利息や遅延損害金をカットした借金だけを返済していくのに対し、
特定調停では将来利息や遅延損害金も含めた金額をお支払しないといけないデメリットがあります。
債権者がなかなか特定調停に応じてくれなかったり、債権者多かったりして長引くとお支払する金額がそれだけ多くなることがあります。
任意整理、個人再生、自己破産同様に信用情報機関へも登録され、新規での借り入れが当分の間できなくなります。
任意整理と同様に借金の減額効果は比較的低い手続きになります。

特定調停のデメリット※借金を減額して早期解決記事一覧

特定調停のメリット-特定調停の前に知っておこう-

特定調停は債務者の申立によって簡易裁判所が調停人を立て、調停人が債権者と債務者の仲介に入る事で、膨らんだ利息や多重債務を圧縮する方法です。自己破産のように支払不能ではないけれど、今後も収入見込みがあり、月々の分割払いなら減額された負債額を弁済可能な人に対してのみ適用可能な再生手続です。まだ平成12年...

≫続きを読む

特定調停の流れとその期間について-まるわかり解説-

特定調停は平成12年から始まった、新しい制度の債務整理です。特定調停は簡易裁判所を通して、借金を整理できるのが特徴となっています。簡単に特定調停の説明をする時に、裁判所を利用した任意整理という方多く、効果は任意整理とほぼ同じです。特定調停は他の債務整理に比べると、手続きが簡略化されているので、弁護士...

≫続きを読む

債務整理をする前に…

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法