債務整理の賢い選び方ガイド|費用・デメリットで比較

個人再生の手続きの流れについて【初心者向け解説サイト】

個人再生は自己破産同様、裁判所を通して行われる債務整理です。そして、個人再生の手続の流れは以下の順で進められていきます。

 

(1)個人再生の申立て

申立書類を作成し、管轄裁判所に提出します。

 

(2)審尋(面接)

申立人から事情を聴くための審尋が行われます。一般的に審尋は裁判官が行いますが、東京地方裁判所など一部の裁判所では裁判所から任命された個人再生委員(通常は弁護士)が行っています。

 

(3)再生手続開始の決定

裁判所によって再生手続の開始要件を満たしていると判断されると、再生手続開始の決定がなされます。開始決定は各債権者に通知され、官報にも公告されます。その後、債権者によって債権届出の手続などが行われ、債務額が確定します。  

 

(4)再生計画案の提出

債務額が確定すると、申立人は開始決定時に定められた期限(通常は開始決定から3~4カ月後)までに再生計画案提出します。
そして、再生計画案が各債権者に送付されるとともに官報にも公告されます。小規模個人再生ではこの時点で書面決議が行われます。

 

(5)再生計画の認可決定

再生計画案が法律上の要件を満たしており、債権者による否決もなかった場合は、裁判所が再生計画の認可を決定します。

 

(6)再生計画の履行

再生計画通りに債務を返済します。履行が終了すると、削減された債務の支払いは免除されます。

債務整理をする前に…

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法