債務整理の賢い選び方ガイド|費用・デメリットで比較

任意整理その後の生活について※知っておきたい事まとめ

債務整理を行おうと考えている人の中には、家族や会社の人に知られてしまうのではないかと心配されている人もいるかと思います。ですがそうした近しい人に知られる可能性はほぼありませんし、自分から言わない限り大丈夫ですから安心してください。
特に債権者と話し合いで債務を減額する任意整理に関しては、そうした心配は一切する必要がありません。というのも任意整理以外の債務整理に関しては、官報という政府発行の広報誌にその事実と氏名住所が掲載されるので、第三者に知られる可能性はゼロとはいえないのですが、債務整理に関してはそもそも官報に掲載されないのです。もっとも官報を毎日チェックしているのは金融機関の一部の社員だけですし、一般の人が特定の人物を探しだすことは極めて難しいです。
これとは別に任意整理をすると信用会社の信用情報に登録されますので、金融機関からローンや借り入れをする際に断られる可能性が生じます。これは任意整理の唯一のデメリットといえる点で、信用情報が削除されるまでの5年間は確かに生活に支障をきたす可能性はあります。ただそもそも借金に頼らない生活をすればよいだけなので、それほど心配しなくて良いのも事実でしょう。

 

 

 

自力で返済できない額の借金をしてしまった場合、自己破産をしようと考える方が多いでしょう。

 

自己破産は、それまでの借金の返済義務が無くなりますが、土地や現金などの資産を差し押さえられるなど、デメリットの部分も数多くあります。

 

ですので、自己破産をする前に任意整理も検討してみる事がお勧めです。
任意整理は自己破産と違い、裁判所を通さず 利息・損害金・毎月の支払額の減免できる制度です。

 

任意整理は弁護士や司法書士が、消費者金融・信販会社・カード会社・サラ金業者などと任意の話し合いをするのが特徴です。

 

任意整理は借金の減額、分割などでの支払いが可能になるなど、自己破産のように全ての借金が無くなるという事はありませんが、借金の総額が少なくなり、
月の返済額が減るので完済を目指す事ができます。

 

また任意生理をする事で、払い過ぎていた借金、いわるゆ過払い金を取り戻せる事もあるようですよ。

 

任意整理をする事で、借金の取り立てもすぐに収まるので、借金を返さなければという金銭的なプレッシャーだけでなく、
精神的なプレッシャーからも解放されるでしょう。

 

このような取り立てに関する事も、弁護士や司法書士が全て行うので安心です

 

 

任意整理は弁護士や司法書士を通さなくても行う事ができますが、はやり弁護士等のプロに依頼した方が、スムーズに物事が運ぶでしょう。

債務整理をする前に…

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法