債務整理の賢い選び方ガイド|費用・デメリットで比較

個人再生と自己破産の違いとは?※賢く個人再生をしよう

個人が借金を整理する方法には大きく分けて任意整理、特定調停、個人再生、自己破産があります。
その中で個人再生と自己破産は借金の額が大きく、全額返済の見込みが立たない度合いが大きい時に選択します。

 

個人再生

地方裁判所に申し立てを行います。申立人は再生計画案を作成して提出しなければなりません。
申立人に将来の継続的な収入があることや借金の額が住宅ローンを除いて5000万円以下であることが条件になっています。
認められるには債権者の過半数の同意が必要になります。認められると借金の額の1/5以上の返済でよくなります。
再生案が認められなければ自己破産になります。

 

自己破産

全ての財産を借金の返済に回してもまだ返済しきれない、全く返済の見込みがたたない時に地方裁判所に申し立てます。
認められれば借金の返済は全て必要なくなります。但し、借金を作った原因が博打や浪費である、過去7年以内に自己破産をしたことがあるなどの場合は申し立ては出来ません。

 

個人再生と自己破産の違い

借金の支払いを全額免除されますが全ての財産を無くします。従って、個人再生の様に住宅は残りません。
個人再生の場合は浪費や博打で作った借金であっても問われません。
会社の役員など特定の役職についている人は自己破産であれば失職しますが、個人再生であれば失職することはありません。
要は個人再生は継続的な収入を得る見込みがあり再生の可能性がある時に選択します。
全く再生の見込みがない時には全てを失いますが支払い義務が免除される自己破産を選択することになります。

個人再生と破産の違いとは?

多額な借金問題を解決させるための債務整理にはいくつかの方法があります。
個人再生では大幅に借金が減額されたうえで、原則3年、特別な事情があるときは5年で分割返済を行います。
自己破産ではすべての借金が免責され、借金の返済に追われることはなくなります。
個人再生は分割返済を続けていくうえで必要な安定した収入を得ていていないと利用できません。
自己破産は収入がなくて支払い能力がない方が利用することができます。
個人再生では住宅や車など財産を手元に残したまま借金の返済が続けられるようになります。
自己破産では住宅や99万円以上の現金、20万円以上の預貯金、20万円以上の価値がある車などは手放さなくてはなりません。
個人再生は職業に対する制限はありませんが、
自己破産では職業に対する制限がかかり、 警備員や弁護士など一定の職業・資格で一時的に就けなくなります。
ですが自己破産の手続きが終われば制限期間は終了しますので、また就けるようになります。
個人再生も自己破産もブラックリストに載ってしまい、どちらも約5~10年間の長期にわたって新規の借入が出来なくなります。
期間が過ぎれば新規で借りられるようになりますが、一度ブラックリストに載ると審査が厳しくなってしまうことがあります。

債務整理をする前に…

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法